2016年9月29日

本日の花&本日のネコ


今日、動物病院からの帰りに買ったガーベラ。鼻ぺちゃな白黒くん、時々ボストンテリアに見える。


商店街の八百屋さんに見切り品の花束ということで、2束150円で売っていたものの中に入っていました。


トルコキキョウとグリーンはしょぼんとしていたけど、ガーベラはフィルムも付いていて元気でした^^



**


白キジくんにはスプレー菊と藤袴(フジバカマ)です。藤袴は秋の七草のひとつですね。


実は、最初に書いた動物病院に行ったというのは、黒キジくんの面会だったんです。9月の中旬過ぎ、ちょうどお彼岸のあたりから体調を崩して入退院を繰り返しています。

ここから少し病気の話になります。


**


白キジくん、黒キジくん、白黒くんの3匹はFIVという持病があります。猫エイズなんて怖い名前がついてますが、元気に天寿を全うする子は沢山いるそうです。

私は獣医師ではありません。ただの猫好きです。でも、うちのネコ達の主治医は自分だと思っています。獣医さんより、彼らの性格も行動も気持ちもわかるから。

男女の違いなのか、信じているものの違いなのか、夫はこういう時ネットで病気について調べまくったりして情報を求めるタイプです。反対に、私は自分の内側に入ってネットの情報はシャットアウトしたくなります。ネットで参考にするのは、ポジティブな体験談のようなものだけにしています。

病気の事を勉強して向き合うことが本当に黒キジくんのことを愛している証拠になるのかもしれません。私は病気から逃げているのかもしれません。

でも、私が一番やりたい事は朝と夕方の1日2回、面会時間に黒キジくんに会いに行って、いっぱい話しかけて、いっぱい顔と体を撫でる事なんです。黒キジくんにグルグルのどを鳴らして喜んでもらいたいんです。

毎日2回も来てずっと居座ってるから、動物病院の人達がだんだん迷惑そうな態度になっているのも気づいています。でも、白キジくんの時のように後悔したくないんです。病院はいくらでも変えられるけど、黒キジくんとの時間は何にも変えられないから。

昨日あたりから黒キジくんが回復をみせてくれていて、ごはんもよく食べ、毛づくろいもするし、私達が面会に行くとひっくり返ってお腹も見せてくれます。

獣医師にはもうすぐ退院できるんじゃないかと言われていて、やっと今日文章にする気持ちになりました。


ここまで個人的な感情にお付き合い頂いた皆様ありがとうございました;


藤袴をカットする前…。長い方がよかったのかなぁ…?ガーベラもそうだけど、お花の見せ方とか生け方とか、その辺もうちょっと勉強して知っていきたい。

それにしても、ネコって本当にチェック魔で面白い!


いつもありがとうございます☆お帰りの際に押してもらえると嬉しいです。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ






スポンサーリンク




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...